英語の学習法は英研英語教室

4歳から、小学生、中学生、高校生、成人に至るまでの英語の学習法は英研英語教室

7月, 2017年

2017年7月のお知らせ

2017-07-02

1 夏休みの有効活用について

英研英語教室の夏休みが、指導者の皆様にとりましても、日頃のお疲れをいやす充電期間となりますように。又、生徒にとっては、楽しい夏休みを過ごしながら、普段に劣らない学習効果をあげられるよう、しっかりと計画を立てて、振替学習日、学習時間の変更などは、「夏休みと補習学習のお知らせ」(用紙送付済み)などを配布して、生徒のご家庭にも、周知徹底くださいますようお願いいたします。

・ 意欲のある生徒、受験をひかえた中3生、遅れを挽回したい生徒などには、家庭学習=宿題 の相談にのってあげてください。

・ ふだん行いにくい「英会話」集中学習日などを設けるのも一案です。

・ 英研の学習日が旅行日に当る生徒にも、家庭学習=宿題 をおすすめください。

・ 在籍生以外を対象とした〔夏期特別講習〕のチラシ配布などもご検討ください。

先月、ご案内した〔夏期特別講習〕記載例の「日・時」を空欄にしたものを、同封別紙の通り用意しております。現行の学習日、学習時間内に〔夏期特別講習〕の生徒受け入れも可能ですので、現行の学習日、学習時間を手書きで記入して(少量枚数何枚でも)の活用をおすすめ致したく、皆様からの積極的なチラシ請求をお待ちします。

また、200枚以上、配布していただける場合は、先にお知らせしている通り、貴教室用(教室名、地図などを入れて)に印刷して提供させていただきますので、申込は本部にお問い合わせください。費用は、本部からのチラシの送料のみです。

ここ数年〔夏期特別講習〕チラシ配布による9月以降の新入会が目立って増えています。どうぞご勘案ください。今年もすでに、何人もの指導者からご相談、ご依頼を受けており、嬉しく思っております。さらなるお問い合わせをお待ちしております。

◎ 夏休み全般に関するご相談、ご質問をどうぞ本部にお寄せ下さい。
◎ 貴お教室の夏休み学習計画(案)などがありましたら、参考資料として、本部にもご送付ください。

2 今月のレポートから

(1)「小学校での英語、ぜんぜんわからなかった」中1、Fさん。英研で学習開始。

試し学習希望の人が見えました。在籍生の高校1年生Aさんのお母さまからの推薦だそうです。以前退会していった生徒さんのお母さまからも「いい英語の先生がいるわよ」と最近、勧められたのでと。

ご本人は、国立大付属小学校を卒業後、当地区の公立中学に進学した中学1年生の女子。付属小学校での英語の授業は、書くことはいっさいせず、聴き話すことを重視。しかも何人かいる帰国子女達が、先生とうまく英語でやり取りをして、授業は流れて行ったとか。体験希望者はFさんといいますが、彼女は「わからない。何を話しているのか全然わからない。」と不安が広がっているだけの状況だったようです。そういうわけで、英語の塾にも行った経験がないので、中学でいきなり単語を次々覚えなければならない状況で、自分は単語を覚えられないと、早くも苦手意識を持っているようでした。お母さまも、「この子は、記憶することが苦手なんです。どうやって単語を覚えさせたらいいか、親が勉強を見てやろうとしても、感情的になって、最後は喧嘩になってしまいます。中学が始まったばかりだし、今ならまだなんとか間に合いますよね?」とのことでした。高校1年生になったお姉さんがいらっしゃるそうなので、中学生の勉強についてはよくご存じのはずですが、不安そうでした。お姉さんは、付属中学から外の高校に出たということだったので、苦労されたのだろうと思いました。

「ローマ字は覚えているから、全部ローマ字ならいいのに。どうしてローマ字じゃだめなんだろうと思います。」と嘆く彼女に、「私も中学1年の時にそう思った。なんでキャットがKATじゃだめなんだろうって。でも、音と文字とには何の関係もなさそうで、実はチャンとルールがあって、それがわかるようになると、キャットがCATだと受け入れられるようになるよ」と説明し、B教材をピクチャーカードでの発音練習とともにスタートしてみました。さすが中学生で、1枚目から、もうカードをなるべく見ないようにして書いていました。アルファベットは全部書けました。筆記体にあこがれているようです。万年筆の書き味が好きなので、自分のペンケースに2本もおこずかいで買ったものを入れていました。これで書けたらかっこいいだろうなあと。少しずつ雑談もかわせるような感じになって1回目終了。「ここでの勉強は難しいことはないって、みんな言ってるよ。ただ手が疲れるって。」「今日は初めてで、手が疲れた?じゃあ、今度はもっとたくさん疲れさせてあげるね」と言ったら、笑って帰って行きました。

英語は日本語よりはるかに簡単。ルールが少ない。こつこつやればだれでも英語はできるようになる。どんな人でも、もう遅いなんてことはない。過去に、中学3年秋からの入会、大学受験失敗後からの入会、さまざまな生徒さん達がいたし、みんな身になったと思う。中学入学の真っ白なこの時期からのスタートは、もしかしたら一番いいスタートになるかも。などと話しました。母と義母の介護で自由が制約されることが多い毎日なのですが、空いている時でかまいません、と言ってくださる親御さんに感謝して、少しでも力になれたら嬉しいと思った一日でした。

――― 本部から ひとこと ―――

Fさんの小学校での英語授業体験は、大学の付属小学校だったこともあり、やや特別だったと言えますが、公立小学校から報告される英語の授業の実態も、文字学習のないお遊びスタイルが主流で、中学以降へのつながりが無視されており、多くの中学1年生が、4月早々に英語ギャップの洗礼を受けるのが実情のようです。今回の掲載は、Fさんの英研での今後の学習経過の続報への期待を込めたものです。筆記体への強い興味も、英語学習全体への強い動機づけで、筆記体習得もおすすめしましたが、同時に、中学では筆記体を教えないので、学校ではそれを書かないようにとの注意も合わせて、先生にご返事いたしました。レポートの結び、お年を召した二人のお母さまのお世話は、近年ますます英研の多くの先生方にとっても、共通のお役目となっています。それは、日常の英語指導よりも優先度の高いお役目ですから、必要に応じて、学習日時の変更、或いは、お休みは、生徒への連絡だけは確実にしていただき、お役目を優先して果されるようお願いをしております。

(2)手間、ひまかける英研の英語学習。

先日、ある理学療法士さんの話を聞く機会がありました。けがをした人の中には、早く元の状態に戻ろうと無理してリハビリを頑張ってしまい、それがまたけがにつながってしまう人もいるそうです。例えば、スクワットを1日に100回行うとして、1度に100回やって大変だと感じて続けなくなるより、10回ずつに分けてやった方が、体の負担も少なく続けやすいので、結果としていいリハビリになるそうです。大切なのは、一度に頑張るよりも、こまめに体を動かすことだそうです。この話を聞きながら、英語の勉強と同じだなと思いました。一度に100コの単語
を覚えるのは困難ですが、10コずつなら、覚えるのもそんなに難しくないはずです。実際、単語は、出会うたびに、辞書で調べ、それを繰り返して覚えて行くものです。語学の勉強には、そういう地道な努力が必要なはずです。最近では、辞書を使わないで、スマートフォンで調べる学生も多いと聞きます。時代の流れと言ってしまえばそれまでですが、辞書を引いたり、単語を練習したりする時間は、惜しまないでほしいと思います。英研教室での勉強は、まさに、手間、ひまをかける勉強法です。正しくつづれるまで黙々と、いくつもの単語、英文を書き続け、生徒の達成感、充実感へとつなげていきます。毎回の少しずつの積み重ねが、やがて自信となり、大きな成果となって表われます。言語の習得には、絶対に
必要な学習法だと思っています。

――― 本部から ひとこと ―――

リハビリにおけるスクワットのご報告は、英研の学習でも酷似の実例がありました。中学生で入会され、英研の学習が気に入り、宿題を持ち帰るようになり、その意欲に先生も喜んだのですが、それがエスカレートし、年末年始の休暇中も、何十枚もの回答を持ち込み、先生が悲鳴を上げることになりました。他の例は、成人生徒で、1週間単位でEb, Fb(各190枚、160枚)の単位で仕上げるペースでした。どちらの場合も、確認のレベル判定で、極端な習熟不十分が分かりました。最大の学習効果を上げるための適量枚数は個人により異なりますが、教材での学習を続けながら自ずと分ってきます。発音を確認し、筋肉=手を使って、フルセンテンスで何度も練習し、誤りを効果的な練習で補い、記憶に収納した英文とその応用文が、音声で、文字で、スーッと出てくるためには、醗酵の時間が必要なようで、しかも、その醗酵課程で、絶え間なく生徒にとって適度、適量の並行したフルセンテンス学習が必須な条件だとの確信を高めています。意欲的な学習は歓迎ですが、極端な生徒との出会いの場合は、早めに本部とのご相談を心がけください。

新刊書籍紹介:杉田 敏 著、 発行:講談社
「成長したければ、自分より頭のいい人とつきあいなさい」

おすすめしたい対象は、先ずは、日頃のご指導で健闘いただいている指導者の皆さまに、そして、これまで英研の教室で学び、巣立っていった生徒たちにです。コンタクトが取れるかつての生徒たちには、ぜひ、ご紹介ください。
著者の杉田氏は、言わずと知れたNHKラジオ講座の中でも最もレベルの高い「実践ビジネス英語」の講師を、記録的長期間にわたりつとめておられるカリスマ講師です。実は、氏は単に英語の専門家と言うよりは、ビジネスパーソンとして卓越しており、毎月のテキストは、彼自身の日常のビジネス活動に限りなく密着しているが故に、広い分野にわたるリスナーから強い支持を受けておられるのです。
杉田氏は、私の大学の後輩にあたり、40年前の英研創業時より何かにつけて、助言と力添えを受けております。本の「おわりに」(P.220- P.221)の部分に、私の名前、豊田 裕も記されており、望外のことで、驚きでした。 お読みいただいた後には、どうぞ「読後感」をお寄せください。また、本を紹介するかつての生徒たちにも、彼ら自身の今日までの英語体験を含めた「読後感」を先生経由で英研宛てに寄稿下さいますよう、依頼もあわせてお願いしてみて下さい。

通信教育で学びたい方
英語教材のご紹介
英語教室だより
英語上達コラム
問い合わせ 資料請求 問い合わせ
メルマガ登録

メルマガ登録

メールアドレス

名前
Top
Creampie