英語の学習法は英研英語教室

4歳から、小学生、中学生、高校生、成人に至るまでの英語の学習法は英研英語教室

指導者の声

2014-11-07

最初の一歩は、英研との出会いから

教室を開設して8年が過ぎました。家に居ての仕事ですから、家事全般にも支障なく、限られた時間内で、家事と仕事の両方をいかに能率よくこなすかなどを考えながら、結構楽しくやってきました。いつでも初心を忘れることなく、個性能力ともに豊かな子供たちに、熱い英語の生命を吹き込める指導者でありたいと思います。今日の私の最初の一歩は、英研との出会いからでした。

このシステム、信用して大丈夫かしら?

私にもできるかしら、この英研のシステムを信用しても大丈夫かしら、と不安と疑問のうちに教室をスタートさせて2年半が過ぎました。主婦業とは十分に両立できます。開設当初に、教材の手順や生徒たちへの接し方などに慣れてしまえば、あとはしっかり構成された英研のカリキュラムにそってやっていけます。

指導の効果を上げれば、口コミが強力。

娘の友達のお母さんと花屋の奥さんの協力により、無事に開設説明会を終えると間もなく、近所に住む小6の男の子が入会申し込みをしてくれました。つぎにチラシを読んでくれた2軒から電話が入り、生徒数3名でスタートしました。生徒たちは、どんどん単語、文章が読めたり書けたりし始めて、彼らの友達に伝わりました。口コミは強力で、ありがたいもの、その年の12月には12名、1年後には18名に達しました。

自分に合った道を選んでよかった。

どんな仕事に取り組むにも、多少の苦労はつきものです。同じ苦労なら、自分に一番合った道を選んで良かったと思っています。英研に出会ってここまで来たことが、私に自信を持たせてくれました。これからも、家族の協力を得ながら、生徒が来てくれる限り頑張ろうと思っています。

子供たちを見て、私も頑張らなくちゃ!

いろいろな子供たちがいますが、英研の教材は、それぞれに合った進め方ができますし、子供がやる気があるときは、「じゃ、もう1枚!」。少し疲れているときは、「今日は、ここまで!」と、その子の様子を見て進めています。でも、どの子も時間をオーバーしてやっていきます。そんな子供たちを見ていると、私自身も頑張らなくっちゃ、と思って、今日も子供たちと勉強しています。

世間に貢献できる教室です。

入会当初、あくびをかみ殺していた生徒は、中1で中3課程の内容を英作するという能力を身につけてしまいました。他の小6から始めた生徒も、中2になった今も英語は得意科目です。英語がわかないと言って入会した中3生も、英研教材と徹底した教科書対策で、学校の先生に褒められるほどになりました。英研は地味ですが、生徒一人ひとりに喜ばれ、世間に貢献できる教室だと誇りを持っています。

「楽な努力がある」ことを、知りました。

「努力」は、苦しみを伴うので、嫌いな言葉の筆頭でした。でも、「楽な努力がある」ことも、英研に携わって知りました。英研で学習している生徒たちをみていて、気づきました。その秘密は、英研の学習システムにありました。一見、簡単とも思える問題を繰り返して学習することで、無理なく力が付いていくのです。当然、苦しみなど感じていません。

「週に1回で、子供に英会話は無理」と判断した私が、英研と出会って…。

主人のアメリカ赴任3年間同行の体験後、近所のお子さんに英語指導をと教え始めましたが、すぐに限界を感じ、何かもっと確実に子供たちに力をつけてもらう教材はないかと探していたとき、出会ったのが、英研の教材です。英作文をフルセンテンスでしっかり学習させていくシステムにすっかり魅了されてしまいました。年齢差、能力差があっても大丈夫、本人が気づかないうちに、何度も同じ単語、表現に出会い習得していくもので、力が付かないはずがありません。今、この仕事を始めて、本当に良かったと実感しています。


通信教育で学びたい方
英語教材のご紹介
英語教室だより
英語上達コラム
問い合わせ 資料請求 問い合わせ
メルマガ登録

メルマガ登録

メールアドレス

名前
Top