英語の学習法は英研英語教室

4歳から、小学生、中学生、高校生、成人に至るまでの英語の学習法は英研英語教室

『教室だより 』12月号を掲載しています。

2011-12-08

( 1 ) 英研との出会いが、彼女の可能性を広げた。

11月のお知らせに掲載された2つのレポートは、英研に出会って得られた貴重な体験記としてとても素晴らしいと感心しながら読ませていただきました。
 中でも、高校2年生MRさんの短期留学に至るまでの経緯はとても興味深いものでした。レポートの中に、「初めて来た日は、母親にとても反抗的な態度で無理に連れてこられた様子のMRさんが、20~30分話しているうちに面白いくらい素直になっていき、入会後はほとんど休まず通ってきている」という内容が報告されていました。先生は、初めて会ったMRさんにどのような言葉をかけられ、どのようなお話をなさったのでしょう。きっと、心の底では英語を勉強したいと望んでいたMRさんに、優しいまなざしで温かく包みこむように英研の魅力をお話されたのでしょう。そして、その後の本人の地道な努力と先生の適切な御指導がしっかりと実を結んだのだと思います。英研との出会いがMRさんの可能性を広げ、夢の実現をもたらしたといっても過言ではありません。
 私達指導者にとって、英研との出会いが劇的変化を遂げ飛躍的に伸びていく生徒を指導することは、この上ない喜びです。
 一方、それとは逆に、せっかく英研教材で学びながら、やる気の欠乏や甘えによってその効果がなかなか現れない生徒に、「どんな言葉をかければいいのか…どうやって学習意欲を高めたらいいのか…」と頭を抱えることもあります。
 それでも、このような生徒に対しても焦らず諦めず指導していけるのは、英研教材がいつでもどこでもやり直しが出来、そしてその生徒のペースで1歩1歩進んでいけるからです。その生徒にとっての「学ぶ時」が来るのを待つことが出来るのです。
 今まで、たくさんの英研卒業生が「継続は力なり」を証明してくれました。そのことが、どんな生徒にも希望を持って指導していける原点になっているのだと思います。

( 2 )英語への意識が高いお母様が、英研を選ばれた。

当教室の生徒にも、海外ホームステイが修学旅行がわりの中学に在籍している子がいて、ちょうど帰国してきたところです。まだ本人には会っていませんが、どんな感想を持ったのか、おみやげ話を聞くのが楽しみです。
 「11月のお知らせ」にありました、今月のレポートから、お二人の生徒さん達のホームステイ体験記、どちらもとても読み応えがありました。
 特にお母様が手記を寄せられている中学2年生の男の子の場合。小さいころから、ご両親が家庭に外国人を呼んでホストファミリーになるなどの体験をしてきた中学生とのことですが、そんな意識の高いお母様が英研を選ばれた動機に、ちょっと感激しました。「私自身、英語は得意な方で、音読の繰り返しと手を動かして英作文の練習を繰り返して頭にたたきこむという指導方法は、まさに私自身が英語を習得するためにとっていた方法だったのです。」というところで、嬉しくなりました。
 私立中学に入学したからと安心せずに、子供に何が必要かをたえず考え、その中で英研を選択され、またラジオや映画などによる英語の音に慣れさせる努力もされていらっしゃるようで、本当に頭が下がります。これほどまでレベルが高いお家庭で、英研での指導に満足されている様子がよくわかります。
 また、本人の生き生きとした体験レポートも、こちらまで気持が明るくなりました。最後に指導に当たっておられる先生のレポートにあった、相手を受け入れる、尊敬をもって心から話を聞く、尋ねられたらきちんと言葉で説明する、そういう姿勢を育てていきたいという話、とても勉強になりました。何よりもまずは笑顔です、というお話。本当にその通りだなあと思いました。
 普段生徒さんと向き合っている私にも有益なレポートでしたが、2歳になる子どもをかかえる我が娘にもこのレポートを読ませたいなと思いました。これから子育てをする若いお母さん達が、いたずらに早期英語教育に焦ったり迷ったりせずに、落ち着いて子供に環境を整えてあげられるヒントになりそうです。

(1)(2) のレポートへのひとことです。
 「お知らせ」への掲載レポートに対する感想レポートは、私ども本部にとりまして、まことに嬉しく、かつ励みになります。即ち、この地味な媒体である「お知らせ」が、指導者の皆さまにご愛読いただいていることを確認することができるからです。
 今後とも、一編でも多く掲載レポートへの感想レポートご送付を期待しております。

( 3 ) ほめ言葉は、やる気を起こさせる最高の良薬。

2学期の中間テストの終わった中学と、これから始まる中学・高校とがありますが、普段より生徒と一対一で話す時間が増えます。学校で何を習い、何か困っていることはないか、そんなことを主に話します。普段の学習時間にも一応学校での進度を聞き、理解できているか、小テストはちゃんとクリアーできている状態かはチェックしていますが。
 小学6年生から入会し、1年半たった今中学1年生のSMさんの話。英語は試験前だからと特にたくさん勉強したわけではないが98点だった。たったの1問だけを間違えたことが悔しくて教室で泣いてしまったと。彼女はすでにGb教材に入ったところですが、着実に力をつけています。
 入会して約1年たつ中学2年生のTさん。彼女は、試験前にやる気を出したことがなかったのですが、今回始めてやる気を出しました。やる気を出した原因はいくつかあります。学校での自由作文で、その内容がおもしろくて、先生からとてもほめられたこと。教科書に掲載されている物語のページを、他の生徒達の前で英語劇のようにして朗読する機会があった際、ペアを組んだ子が英語部に所属している生徒だったこともあり、彼女自身とても感情たっぷりに読み、他の生徒を圧倒し、先生からも最高だと評価されたとか。
 また、私が「あなたは英語のセンスがある。英語を楽しんでいるし。また基礎はしっかりできているから、そろそろ試験でもいい成績がとれるようになる。」と暗示をかけて?いるのですが、学校の先生にも今回全く同じことを言われたそうで、ますますその気になってくれたようです。
 「試験問題を配られた途端、あきらめてすぐに寝てしまった生徒もいるけど、私は、そんなばかなことはしない。いっしょうけんめいやりました。もう英語がまったくお手上げ状態になってしまった友だちが何人もいます。かわいそうです。私は、大丈夫。文章をちゃんと組み立てられるし・・・」と、自信が感じられる話をしてくれました。彼女の答案用紙はまだ返されていませんが・・・。「かわいそうな状態の友だちを、今度お試し学習につれてきます。」とも言ってくれています。
 お試し学習中の中学1年生のAさん(お姉さん二人がすでに当教室の卒業生です)が、愚痴をこぼしていました。「テストに出るところが、いつもわからない(いわゆるヤマのこと)。どうやったらわかるのだろう。」と。「それは、あなたが学校の先生になったつもりで考えてごらん。あなたが先生なら、どこをテストする? ここだけは生徒にしっかり覚えて欲しいという所があるでしょう?」と言ったら、「私が先生なら、テストはしません。どうしてもするなら、全員が100点を獲れるテストにします。だってかわいそうじゃないですか、生徒が。うちに帰ってお父さんやお母さんに怒られるんですよ。テストを隠さないといけなかったり」って。思わず吹き出してしまいました。正直で、思ったことをちゃんと言える彼女の良さを感じました。入会してくれるなら、楽しく勉強していけそうです。

( 4 ) 入試までに、できるだけ基礎を固めることが優先!

秋も深まり、10月ともなると中3生は、高校受験を意識するようになります。毎年10月からは、公立の入試問題の長文読解を毎回1問ずつやっています。もちろん、英研の教材をいつもの通りやってからプラスしてやるのですが、生徒によっては、英研の教材だけで精一杯という人もいます。そういう人には、無理な負担をかけないで、英研の教材をじっくりやってもらいます。
 中1の夏から来ているTKさんも、その一人です。わからない所は私に頼りながら、何とかIb(28番(中3前半)まで進んできましたが、彼女にとっては、自力で進んでいくのが難しくなってきたので、思い切ってEb(中1前半) の3単現のところから復習することにしました。Hb (中2後半)をやっているときも、復習した方がいいと思っていましたが、本人が先に進みたいようでしたし、受験もあると思い、そのまま進めてきましたが、やはり基礎的な部分に不安があると、教材を進めるのは難しくなります。何より、本人がつらそうなので、Ibも少しずつやりながら、Eb(も並行してやっていくことにしました。
 Ibでは、しばしば鉛筆が止まっているのですが、Eb(になると、すらすらとペンが動き、私に聞くこともなく、ひとりで解答できるので、達成感があるようです。私としては、最初に復習したほうがいいと思った時に、そうしていればよかったかなという反省はありますが、入試までにできるだけ基礎を固めてあげようと思っています。

高校入試の出題範囲は、公立およびほとんどの私立も含めて、中1~2年レベルが80~90%です。中間、期末の定期テストでは、教科書対策優先(マスターガイド活用)が当然ですが、中3生の他の学習時間では、中1、2課程(Eb~Hb教材)終了を最優先させるべきです。その意味で、上記レポートは、生徒の心情も加味して的を射たご対応だと思います。

通信教育で学びたい方
英語教材のご紹介
英語教室だより
英語上達コラム
問い合わせ 資料請求 問い合わせ
メルマガ登録

メルマガ登録

メールアドレス

名前
Top
Creampie