英語の学習法は英研英語教室

4歳から、小学生、中学生、高校生、成人に至るまでの英語の学習法は英研英語教室

教室だより3月号を掲載しています。

2013-03-08

(1) 小5Tさん、勉強のコツも習得しながら、中1英文を習得中です。

  小学校5年生、Tさんについての近況を報告します。小学校3年生の終わりの3月から入会し、2年が経とうとしています。私立S小学校に通っていて、学校での英語授業は3年生のとき、すでにあったものの、書くことはほとんどない音声中心の授業。それで、読み書きもしっかりと学ばせたいとのご両親のお考えでの入会でした。A教材~B教材(180単語まで終了)~Eb教材(中1前半・190番のうち)の156を終えたところです。1週間に1度なので、毎回前回やった最後のプリントをもう一度やってから、次に進むようにしています。なかなか定着がよく、三単現や複数形もよく理解して使い分けています。一般動詞の文章とbe動詞の文章では、疑問文や否定文や答えの文も作り方が異なっていることも覚えて、時々ミスはするものの、とてもよくできます。
 夏休みや冬休みには、ちょっと立ち止まって総復習をします。単語テストをしたり、readingテストと称して英文を読ませたり、私の言う英文を書きとらせたり、英語での私の問いかけに英語で答えさせたりなど。Eb教材文法ノートを利用して、そこにある主な文章はすべて覚えることを目標にしています。
 間違った部分は消しゴムで消さずに、二重線で消し、自分で見直せるようにしていますし、間違った単語はすぐ5回練習します。そのような勉強のちょっとしたコツも習得してきているようです。小学生は彼女ひとりなので、中高生の生徒に混じっての勉強は堅苦しくて嫌なのではないか?と思いきや、お母様のお話では、「風邪をひいても、英語はお休みしたくない、と子供が言います。」とか「この子は学校で宿題がたくさん出されて時間がない日でも、短くても英語は行くといいます。英語は好きなようです。」とのことでした。街中の他の英語教室のようなおもしろおかしい指導をしているわけではないし、中学生とほとんど変わらず対応しているので、本人が喜んでいるのかどうかちょっと心配でしたが、ほっとしました。4年生のころは、中学生のやっているプリントや教科書に興味をしめして、そばに来てのぞきこんでいましたが、最近では大人っぽくなってきて遠慮がちです。中学3年生の女の子たちが「背が伸びたね~、大きくなったね~、」と目を細めて声をかけたりする光景が見られたりもします。
 入会したてのころに起きた東日本大震災による福島の原発事故で、東京を離れて関西に避難されていたこともあります。ご両親ともお医者様で、送り迎えはご両親のどちらか、またシッターさんがされることもあり、大切にされているのがよくわかります。私の所のようなのんびりした教室でも、熱心に通わせ下さってありがたいことです。

(2)自分からチャレンジ、小学1,2年生の積極的な学習への取り組みが嬉しいです。

  「2月のお知らせ」に、「魔法の言葉」のレポートを掲載していただき、すぐには効果が見られるわけではないと思いますが、常に頭に置いて意識してレッスンをしています。
 PA,PB,PC教材を学習している小1、Oさん、小2、Hさんは、学習日は違いますが、積極的に学習に取り組んでいることが伝わってくる共通点があります。復習教材ではなく、その日の課題の新しいPC教材を見せると、あわてて「ちょっと待って!! 言わないで!!」と、私が英語の例文を読もうとするのを遮り、“Is that a ball?” “No, it is not.”
などの例文を自分で一生懸命に読もうとするのです。“that” “this”の区別はもちろん完璧ではありませんが、私が「おしい!!」と言うと、that を this に言い直したり、その反対に言い直すことができます。受け身ではなく、いつも自分からチャレンジしてくれる姿が、とても嬉しいですし、シンプルな文章を何度も何度も読み、書く練習をすることが、いかに効果的かということを実感しています。彼らを含めた、幼児、小学低学年生たちの今後の上達が楽しみです。

小学低学年生からでも、積極的な学習開始のおすすめを。
 (1)に登場のTさんは、その資質、家庭環境等、恵まれてはいらっしゃいますが、英研での学習成果としては特別というほどではありません。上級生たちとのほほえましい様子なども、学習進行に大きなプラス効果ですが、ご指導で留意する点は、先を急ぐばかりでなく、小学生ゆえの節々で組み込まれている、習熟度のチェックや、ていねいな音声指導など、小学生の学習の進め方として、参考にしていただけることと思います。週1回学習ながら、中学進学まであと1年、どこまで到達するか、楽しみなことです。英研での小学生の英語学習は、このように極めて高い習熟度で「中学○年○学期相当に到達」と表現できる学習経過をたどります。(2)のレポートで紹介されている小学1、2年生の学習の様子に、学ぶ楽しさがあふれていると感じるのは私どもだけでしょうか。中学で学ぶ英語を、文章で読めて、やがて書けるようになることを予感させます。すなわち(1)に登場のTさんの学習成果に直結するのが、英研の幼児、小学生のカリキュラムです。
 幼児、小学生からの入会お誘いも、より積極的に展開されるように期待します。

(3)「英研での学習後、清々しい顔で帰ってきます。」こんなこと、初めてです。

今月は、12月に入会した中2のS君についてレポートします。入会当初から無断欠席したり、やる気が感じられないと、以前レポートでお知らせしました。単語も読めない、書けない状態で、今後どうやって指導していったらいいかと思っていましたが、連絡がない時は、こちらから電話したり、教材を宿題として自宅に届けたりしていたら、この教室はさぼれないと本人が思ったようで、休まないでくるようになり、アイスホッケーの強化選手になっているので、その練習と重なった時には、曜日変更したり、宿題にしたりして、まじめに取り組むようになりました。
 最初は、明らかにやりたくないのに来ているのだろうなという感じでしたが、少しずつですが単語も書けるようになり、段階をふんで教材が進んでいくので、内容も理解できるらしく、説明すると、うなづきながら聞いています。前の学習塾では、授業形式だったので、何もしなくても、その時間は過ぎていったのかもしれませんが、英研では、自分で考えてペンを動かさなければ帰れないので、学習スタイルの差も大きいのかも知れないです。お母さんは「とてもすがすがしい顔で帰ってくるんです。こんなこと、今までありませんでした。」とおっしゃっていました。おそらくS君にとっては、初めて勉強らしい勉強なのでしょう。今はまだ、英語学習のスタートラインに立ったばかりですが、気持ちよく進んでいけるようにサポートしていきたいなと思っています。

「3年半もの間、一体何を?!『怒り!』」 の、レポートの続報です。
「12月のお知らせ」(2)、表題タイトルで掲載したレポートの続報です。と、お知らせするだけで、以下の説明は不要かもしれませんが…。
 今回のレポートで述べられているW先生のS君に対する心のこもった、でも何の気負いもないご対応は、英研本部の期待をはるかに超えたものであり、S君の劇変をもたらすための決定的な要因でした。「W(先生)マジック」の炸裂です。
 入会時のS君の、thisやthat、penやboy、のつづりも不確かなレベルの生徒は、決して例外的なものだはなく、該当レベルの生徒が層をなして存在していることは、中高生で英研に入会する生徒たちが、それを証明しています。
 英研には、“Magician”に列せられる先生が層をなしておられます。そして、上で述べた中高生の層が存在します。この二つの層の出会いが爆発的に発生し、該当の中高生の中で、劇変の波のうねりが高まることを願うばかりです。

(4)「自己紹介発表会」の余談

本部からの「2月のお知らせ」で、先日の当教室の「自己紹介発表会」についてのレポートに、他の先生からのコメントをいただき、私も励まされました。また、生徒やお母さん方からもとても喜ばれ、日ごろ、個別学習なので、生徒同志のつながりもできて、よかったと思いました。自己紹介の本番では、メモをとりながら聴いているときに、とても聴き取りにくい場面がありました。“My mother’s name is Waka.”というところで、「えー?わかりません!」と、皆が、“Waka”という名前が珍しいためか、何度か繰り返してもらううちに、発表者が、「バカじゃないよ! ワカだよ!」と言い出して、皆、爆笑してしまいました。
会話で名前を伝えることは、意外と難しいということを体験しました。
 そこで、次の週から、新しい自己紹介を覚えるにあたり、英会話のテキストに出ている “My name is ~. It’s spelled ~.” の文を取り入れました。この文は、初心者には難しそうなので、省いていましたが、「こう言えば、名前がはっきり伝わるね。」、と言うと、生徒たちは、納得してニッコリ笑っていました。

自己紹介での聴き取りにくい名前の確認が、爆笑につながったことにホットします。実際に、初対面での外国人との名前の聴き取りは、お互いにほんとうに難しいものです。マナーとして、紹介の直後から、お互いに名前で呼び合うようになること、だから、何回でも聞きなおして、きちんと確認することの大切さも合わせて、ご指導ください。

通信教育で学びたい方
英語教材のご紹介
英語教室だより
英語上達コラム
問い合わせ 資料請求 問い合わせ
メルマガ登録

メルマガ登録

メールアドレス

名前
Top